FC2ブログ

遠すぎた吹上浜

淡路島の吹上浜キャンプ場は、一度利用しただけで
その際は夏の終わりで、虫除けを忘れて大量の蚊に食われまくり、自動車の客が夜中に出たり入ったり、ヘッドランプの光とドアやタイヤの音で寝ることができず、あまり良い思い出はないのですが、
管理人は良い人なので、季節さえ選べば最高のソロキャンができるはず。
男木島のひとりぼっち感は、捨てがたいが、フェリーを乗り継いで行くとなると一泊でも三連休は欲しい。
淡路島の南なら家から高速で3時間もあればいけるし、ツーリング無しのキャンプだけと割り切れば、土曜の昼前に出て、現地のイオンで買い出しして、明るいうちからテントを張って、鍋食って、日曜日はユックリ起きて3時くらいに帰って、少し仕事できそうだ。
1月25日、そう決めて、早速予約。
1月26日、寒波到来で布団から出られず断念。
そして、昨日、2月2日、インフルエンザ発症。。。。
思い返せば、一昨年。
ベスパで淡路島へ渡ろうとしたが、大橋が怖くて
無理矢理ピンクナンバーを取得してジェノバラインで渡ろうとした時はメンテナンスでジェノバラインが欠航。(その日は、丹後へ行って砂利坂でコケた)
すぐそこにある吹上浜が、はるか遠くに感じます。
早くしないと、キャンプシーズンがやってきてしまう

Phoebus No.725 が2つ生えた(-_-)

20190126-IMG_20190126_150247.jpg 
欲しいときには、いくら入札をしても
どんどん値段が上がって手に入らないのに
「ま、無理だろうけど、あれとこれと、とりあえず、入札だけしとくか・・・」と
軽い気持ちで、唾を付けたときに限って落札してしまう事ってあるものです。

先日、ホエーブスNo.725(通称:小ブス)を
2つ落札してしまいました。
「未使用品」とか「美品」とかとは程遠いお品ですが
(駄目でもメンテナンスをするつもりで)
とりあえず、すぐにテスト。
20190126-IMG_20190123_222430.jpg 
炎が青いほうが、コンディションが良い証拠です。
奥のは、ちょっと燃料が少なかったので、圧が足りなかったかもしれません。

No.625には、ポンプとサイレンサーが装備されていますが
こちらは、小さく簡易型になっているので、ポンプがなく
プレヒートと燃焼による熱だけで内圧を上げてガソリンを気化させる構造です。
私の持っているものでは「オプティマス80」が構造的に近い感じです。

ただ、いつも気になっていたのですが
設計段階では存在しなかったって感じのとってつけたような銀色の遮熱板・・・
長時間の調理で圧が高くなりすぎて燃料キャップから火を噴くという噂もあったりします

それはともかく
次のキャンプで使うつもりで、動作の怪しい方を
家に持ち帰り燃料を8分目まで入れて、再度点火。

プレヒートの途中から、バーナー突端に赤い炎が・・・
すこしスピンドルバルブの当たりが甘くなっていて、燃料漏れを起こしているようです。
バルブを開けると
案の定、赤い炎がメラメラと。。

こういうときは、焦らず、バルブを閉じて
ランプのようにふわふわしている赤い火を吹き消し
もう一度プレヒート

赤い炎をすこし我慢してバルブを開け締めしていたら
青い炎になりました。(ホントは、分解清掃が必要な状態)

20190126-IMG_20190126_150055.jpg 

20190126-IMG_20190126_150612.jpg 

まぁまぁ使えそう・・なのでパッキングします。

四角缶なので、アルコールも入ります。
20190126-IMG_20190126_151709.jpg 

五徳と軍手をぎゅぎゅっと詰め込んで
20190126-IMG_20190126_151903.jpg 

完了です。
20190126-IMG_20190126_151839.jpg 

缶の高さが#625の3分の2くらい小さく、パッキングが楽に・・・・

そのへんは、あまり変わりませんでした。

こういう、保証のない道具を持っていくので
念の為エスビットもカバンに入れています

冬キャン行く!!の準備

今日と明日で行くつもりでしたが
毎日仕事が深夜まで終わらないので、準備ができず延期。
やっと今日準備をしました。

今回持ってゆくのはこのような感じ
IMG_20190119_162930.jpg

1.ホエーブス(この中には軍手と燃料アルコール、一応エスビットも入っています)
2.予備燃料
3.テーブル代わりのアルミトレーとコンロ用の木の板
4.銀マット、枕 5.ダウンパンツ 6.簡易毛布 7.トングと火吹き筒 8.ウィンドスクリーン×2 9.カトラリー、ライターなど 10.ネイチャーストーブ 11.トイレットペーパーと流せるおしりふき 12.ポンチョ 13.山クッカー 14.アルミホイル2種 15.コット 16.保温マグボトルと酒とタバコ 17.ラジオとランタンとヘッドランプ 18.雑巾
19.シュラフ(ロゴスNEWダウンアリーバ-15) 20.テント(モンベル ムーンライト2)
21.ホットサンドメーカー 22.ペグとハンマー 23.座椅子、新聞、ゴミ袋など 24.ミニ薪

 IMG_20190119_162424.jpg

今回の酒は、愛媛の粕取り焼酎「石鎚」

テントも専用袋から出して、平たくしたら入りました。100リットルすごい。
IMG_20190119_164310.jpg

薪だけは、別の袋に。

IMG_20190119_165122.jpg

あと、ここに入っていないのは、カメラ、追加の衣類、タオル、現地調達の食料くらいかな

真備で災害ボランティア活動 その6

本格的な冬になって
バイクだと凍結が怖いので、高速バスと列車を乗り継いで真備へ行ってきました。
倉敷から伯備線の清音駅までJRで、そこから井原鉄道でひと駅で真備町の川辺宿駅です

20190112-R0020169.jpg

井原鉄道の高梁川橋梁。
単線の長い鉄橋は細っこくて萌えます!

20190112-R0020174.jpg

朝、7時に家を出て、到着したのは12時過ぎ。
作業のあるお家へ行って、柱の磨きをしました。

晩御飯は、大根だらけ(カットした大根と白菜と
豚肉に大根おろし+つけダレにも大根おろし)のお鍋。
雰囲気が良いのもあって大変美味しかったです。

mabi_2019_01-a.jpg

13日は、午前中解体作業の後、川辺小学校のグランドへ移動

mabi_2019_01-c.jpg

別団体主催のイベントでした。
ラコスバーガーっていうハンバーガー屋さんの配布会と
ORANGE RANGEのミニライブ。
後ろのジャングルジムで小学生が遊び、ORANGE RANGEが歌う。
すごいコントラストでしたw

mabi_2019_01-b.jpg

川辺小学校裏の幼稚園。まだこんな感じでした。
mabi_2019_01-1.jpg

抜けるような青空
mabi_2019_01-2.jpg

ORANGE RANGEのステージが終わり
バーガーの配布も終了し
人気がなくなってきた頃から、ステージの鉄骨テントの移設を
手伝って終了でした。

帰り、岡山駅でバスまで時間があったので
晩ごはん。
なにか、岡山らしい食べ物を・・・と思って西口周辺をうろついてみましたが
結局、宮本むなしで定食。
次回は、下調べして行こうと思います(笑)

mabi_2019_01-d.jpg

mabi_2019_01-3.jpg

ミニ薪づくり

今の時期、キャンプで必須なのが焚き火
ほとんどのキャンプ場で買えるし
ホムセンでも売ってるけど
家には何故か建築廃材がいっぱいあって邪魔なので
微々たる量だけど、キャンプ用に斬って持っていってます。

それに、キャンプ場で買えるって
フルサイズで
コンパクトなネイチャーストーブ向きじゃないし
どうせ現地でエッチラオッチラ斬るのなら
家の電ノコ使ったほうが良いという考え方。
(「そこにロマンは無い」けれど)

落ちている枝を拾うというツワモノもおられますが
山奥の林間キャンプ場やキャンプ場以外の場所なら有りそうだけど
ある程度整備されたところじゃ
なかなか落ちてないし
冬場は結構湿ってるし、最初から期待しないことにしています。
(寺崎勉氏のように落ち葉でコンロのプレヒートやってみたいですが)

2X4の廃材を12~15cmにカットして
細 中 太 に割っていきます。

1/3程度の幅なら「太め」
ゆっくり燃えるけど火の移りが遅くて暖かさがイマイチ

細いのは、焚き付けの時だけなので沢山つくる必要はないし
今回は冬なのでボーボー燃やしたくて中くらいのを多めにカットしました。

お正月の祝い箸も焚き付け用に持っていこう。

20190106-R0020154.jpg